塗り替えのサイン

  • 外壁のひび割れ(クラック)

  • 塗装の剥がれ・めくれ

  • 外壁の汚れ(カビ、錆、こけなど)

  • 外壁の粉ふき(チョーキング)

  • 壁・天井のしみ

見逃しやすい塗り替えのサイン

外壁の塗り替えが必要になった時には、必ず外壁が何らかのサインを出しています。

しかし、塗装が初めての場合は「どんなサインが出ていたら外壁塗装が必要か」の判断ができなくて、塗装時期を見逃してしまいがちです。
塗り替えのサインとは主に「粉ふき」「ヒビ」「剥がれ」「汚れ」「壁や天井のシミ」などの症状です。

外壁の劣化が進むと、建物自体の劣化や雨漏りなどの原因ともなるので、サインを見つけたらまずは外壁塗装の見積もりから始めて、メンテナンスで大切な建物を守りましょう。

 

塗り替えサインの種類

◎粉ふき(チョーキング)
外壁を触ったときに、白い粉がついたことはありませんか?
手に白い粉がつく現象は、塗料が劣化しているサインです。
この現象は、雨風や紫外線の影響で塗料が分解され、粉状になっている状態で、“チョーキング現象”と呼ばれています。
このチョーキング現象の見られるタイミングが、塗り替え時期の目安となります。

◎汚れ(カビ、コケなど)
外壁の汚れにも注意が必要ですが、コケや藻が発生している場合は特に注意が必要です。
塗料のコーティング効果がなくなり、汚れをはじくことができなくなっている状態で、外壁の含水率が上がっている証拠です。
カビやコケが発生するということは、湿気が多く、劣化がかなり進行している状態です。なるべく早い対処が必要です。

◎ひび割れ(クラック)
爪先が入らないような細く小さなひび割れにも注意が必要です。
たとえ小さなひび割れでも、そこから雨水や湿気が入り込みます。
壁に浸透した水分は、昼夜の寒暖差などにより、凍結・膨張を繰り返し、壁の内部からひび割れを拡大します。
見えない部分から外壁を傷め、最終的にはお住まいの耐久性まで弱めることになります。

◎塗装の剥がれ・めくれ
塗装の剥がれ・めくれは最も深刻な状態です。
外壁を守るコーティングの効果が完全になくなっている状態で、雨風や紫外線などの外的刺激を、建物が直接受けている状態となっています。
外壁の劣化が進んでおり、建物の耐久性にまで影響がでている危険な状態です。
塗装の剥がれ・めくれがおこる前に塗り替えをしておくことが大切です。

◎雨漏り・壁のシミ
室内のクロスに、シミを見つけたら早急な対処が必要です!
屋根や外壁から雨水が浸入し、室内まで到達した可能性が高い状態です。
建物の要となる骨組み(梁や柱など)が脆くなると大規模な修繕工事が必要となり費用もかかります。
カビが発生すると、胞子が空気中に蔓延しアレルギーを引き起こす可能性もあります。

塗装のことなら株式会社和創ホームへ!

【電話】 (代表直通)090-4191-1710 (事務所)059-223-4568
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】
津市を中心に、松阪市・伊勢市・伊賀市・名張市・亀山市・鈴鹿市・四日市・桑名市にお伺い。 
その他地域に関してはお問い合わせください。

一覧ページに戻る