屋根塗装

劣化スピードが早いからこそ、屋根塗装のタイミングは重要

お住まいの中で一番高いところに位置している屋根。
雨や日差しを直接浴び、寒暖差も激しいことから、劣化の進行が速い箇所だといえるでしょう。
普段なかなか目にする機会が少ない部分だけに、雨漏りして初めて防水性が落ちていたことに気付く方も少なくありません。
塗り替えのタイミングを逃さないためにも、二階の窓から見たり、外から見上げるなど、可能な範囲で屋根の定期メンテナンスをオススメします。

夏場の屋根は表面温度が約70度にもなると言われており、その熱が室内に流入して、お部屋の温度を高めてしまうことも。
そんな時には遮熱性塗料を使用するなど、機能性をプラスすると暮らしの質がアップします。

暮らしにうれしい!塗料の機能性

◎弾性塗料
弾性塗料には、塗膜がゴムのように伸びるという性質があります。
建物が乾燥したり、水分を吸って膨らんだ際も、弾性塗料なら追従できるため、ひび割れしにくいのがそのメリット。
モルタル外壁に適している一方で窯業系サイディングとは相性がよくないため注意が必要。

◎断熱塗料
冬の寒さや結露が気になる場合は、断熱塗料を使用するのがオススメ。
塗料の中に中空ビーズという断熱性の粒が配合されており、建物に熱を伝えるのを防ぐ役割も。
建物の外側からの熱、内側からの熱、双方が行き来しにくくなるため、冷暖房の効率がアップし、夏は涼しく冬は暖かい建物にすることが可能です。

◎遮熱塗料
遮熱塗料には、太陽光を跳ね返す効果のある樹脂が配合されています。
特に屋根は直射日光を浴びる部位ですので、夏場暑い立地の建物にオススメ。
勘違いされてしまう方も多いのですが、光の反射効果を利用した塗料ですので、冬場の寒さ解消には役立ちません。

◎光触媒塗料
光触媒塗料は、塗膜に光が当たることで汚れを塗膜から浮かせ、雨で洗い流すことができる塗料です。
光が当たらないと効果は発揮されませんので、光があたりにくい日陰や北側では効果が発揮されにくいという点もあります。

◎防カビ性
湿気の高い環境でもカビを防ぎ、長期間屋根や外壁を美しく保ってくれます。
様々な防カビ塗料がありますが、対応している菌やカビに対する効果はすばらしく、中には500種類以上もの菌やカビに対応できるものもあります。

一覧ページに戻る